47NEWS >  スポーツ >  高校スポーツ >  えひめ国体最終日 レスリング成男グレコ 鳥取勢2人準優勝

高校スポーツ

えひめ国体最終日 レスリング成男グレコ 鳥取勢2人準優勝

 第72回国民体育大会「愛顔つなぐえひめ国体」最終日は10日、愛媛県でレスリング、陸上が行われた。レスリングでグレコローマン成年男子75キロ級の前田祐也(鳥取中央育英高職)、同85キロ級の岡太一(自衛隊体育学校)の鳥取勢がそろって決勝に駒を進め、ともに準優勝に輝いた。陸上に山陰両県勢の出場はなかった。  11日間の全日程を終え、東京が2年連続15度目の天皇杯(男女総合優勝)を獲得し、開催県の愛媛が2位。開催都道府県以外の男女総合優勝は前回の岩手大会から2年連続。東京は5年連続22度目の皇后杯(女子総合優勝)も手にした。  天皇杯の男女総合成績で島根は昨年から七つ順位を上げ38位、鳥取は昨年と同じ42位。皇后杯の女子総合で島根は488点で昨年の43位から35位に上げ、鳥取は昨年から三つ下げ30位だったが、2年連続500点台で、今年も女子の活躍が目立った。  第73回大会は福井県を主会場に来...[記事全文]

10/11  【山陰中央新報】


高校スポーツ最新ニュース