47NEWS >  スポーツ >  高校スポーツ >  えひめ国体 ソフトテニス 島根少男過去最高2位

高校スポーツ

えひめ国体 ソフトテニス 島根少男過去最高2位

 第72回国民体育大会「愛顔つなぐえひめ国体」第10日は9日、愛媛県などで15競技・種目が行われ、ソフトテニス少年男子の島根選抜(河上海貴、水津涼平、安部冴太、真玉大輔、吉川直人)が準優勝に輝いた。決勝で奈良に0-2で敗れ、初優勝は逃したが、県勢として1982年島根国体の3位を上回る過去最高となった。  陸上のやり投げ成年男子で小椋健司(鳥取・日大)が2位、少年男子Aで大畑瑞照(島根・益田高)が4位。少年女子B800メートル4位の岸本百桃(鳥取・鳥取西中)は2分11秒56で90年以来27年ぶりに中学山陰記録(2、3年)を更新した。  ボートは少年男子ダブルスカル準優勝の境凌輔(米子工高)小山峻(鳥取東高)組など鳥取6クルー、島根2クルーが入賞。シングルスカル成年男子でU23日本代表の古田直輝(鳥取・明大)、少年男子で寺井昇平(鳥取・米子東高)がそれぞれ3位に入った。  レスリング・グレコ...[記事全文]

10/11  【山陰中央新報】


高校スポーツ最新ニュース