47NEWS >  スポーツ >  高校スポーツ >  えひめ国体 なぎなた 島根4強進出 少年試合

高校スポーツ

えひめ国体 なぎなた 島根4強進出 少年試合

 第72回国民体育大会「愛顔つなぐえひめ国体」第2日は1日、愛媛県内で、なぎなた、自転車など18競技・種目が行われた。なぎなた少年試合の準々決勝で、出雲北陵高の単独チームで臨んだ島根(青戸真実、石飛涼子、原出穂)が大分を2-1で下し、準優勝した2014年の長崎国体以来のベスト4に駒を進めた。  自転車の男子4000メートル団体追い抜きで鳥取(金田聡士、金田優作、山田康太、松下綾馬)が4分21秒978の7位となり2年連続入賞。連覇を狙った男子チームスプリントの鳥取は10位に終わった。  ホッケー少年女子で横田高単独チームの島根は1回戦で滋賀を2-1で下し、3年連続8強入り。ラグビー少年男子で石見智翠館高単独の島根は1回戦で宮城に88-0で快勝し、2年ぶりに準々決勝へ。テニス少年女子では島根の細木咲良、宮内理瑚(ともに開星高)が32チームで争う2回戦に進んだ。  クレー射撃成年トラップは第2...[記事全文]

10/02  【山陰中央新報】


高校スポーツ最新ニュース