47NEWS >  スポーツ >  高校スポーツ >  バレー 沖縄県予選 西原圧勝 男女制す

高校スポーツ

バレー 沖縄県予選 西原圧勝 男女制す

 バレーボールの第70回全日本高校選手権大会(春高バレー)沖縄県代表決定戦の決勝は18日、豊見城市民体育館で行った。男女とも西原―首里の決勝となり、いずれも西原がストレートで勝利した。男子は大会8連覇で23度目、女子は3連覇で7度目の頂点に立った。  優勝した男女西原は2018年1月4日から東京体育館で始まる全国大会に県代表として出場する。 ◆安定した王者のプレー/男子、レシーブから攻撃生きる  苦しみながらも西原男子が徐々にリズムを取り戻す。高さがない分、持ち味の正確なレシーブからのコンビバレーで相手を揺さ振る。決勝の首里戦を含め初戦から1セットも落とさず、安定した王者のプレーで8連覇を果たした。決勝戦の序盤は、緊張から硬くなりブロックとレシーブの連係が崩れた。持ち味のコンビ攻撃は首里に読まれ、ミスも重なりリードを許す。タイムアウトなどで落ち着きと集中力が戻り、コンビ攻撃が決まり出し...[記事全文]

09/19  【琉球新報】


高校スポーツ最新ニュース