47NEWS >  スポーツ >  高校スポーツ >  サッカー高校生審判員 夢は女子W杯ピッチで笛

高校スポーツ

サッカー高校生審判員 夢は女子W杯ピッチで笛

 小林聖心女学院高校(宝塚市)2年の藤真悠子さん(17)=神戸市東灘区=が、世界レベルのサッカー審判になる夢を追って努力している。今年7月10日までは強豪国ドイツに留学し、小中学生の試合を裁いて腕を磨いた。「ゴールに迫る姿勢に、勝ちにこだわる姿勢。サッカーの楽しさを感じられる」と目を輝かせる。(有島弘記)  小学2年から選手としてサッカーを続けていた藤さん。審判員を意識したのは、小学6年の2011年にテレビで見た女子ワールドカップ(W杯)だった。澤穂希(ほまれ)さんらの活躍で日本が優勝した後の表彰式で、女性審判員もメダルをもらっていた。「輝いて見えた」。中学3年の夏に選手としての限界を感じ、記憶の中にあったヒロインの後を追うことに決めた。  兵庫県サッカー協会の審判研修に通い、週末は練習試合に足を運ぶ日々が始まった。「態度で負けない。もし弱みを見せたら強く言われてしまう」と年上や男子相...[記事全文]

08/07  【神戸新聞】


高校スポーツ最新ニュース