47NEWS >  スポーツ >  高校スポーツ >  柔道 翔洋、躍進16強 順心、初戦敗退

高校スポーツ

柔道 翔洋、躍進16強 順心、初戦敗退

 柔道の全国高校選手権最終日は20日、東京・日本武道館で男女団体戦を行い、静岡県勢は男子の東海大翔洋が16強入り。女子で昨年3位の藤枝順心は初戦敗退した。  ■3度目出場で初勝利 翔洋  男子の東海大翔洋は3回戦で、優勝した桐蔭学園(神奈川)に2人残しで敗れた。  相手の次鋒(じほう)で、個人戦無差別級準優勝の関根を止めるのに副将までの3人を要した。大将の米山は、軽量級の相手の中堅に苦戦し、引き分けで敗退が決まった。「軽量級の相手は一番苦手にしているが、倒せなかったのは自分の甘さ」と米山は唇をかんだ。  だが、全国2勝は胸を張れる結果だ。1人残しで勝った旭川龍谷(北海道)との初戦は、東海大翔洋として3度目の出場で初勝利。この試合で米山が左肘を負傷したが、2回戦の沖縄尚学戦は大将同士の対戦に大内刈りで技ありを奪った。  東海大翔洋の男子は県大会の個人戦で誰も全国切符をつかめなかった。どん底...[記事全文]

03/21  【静岡新聞】


高校スポーツ最新ニュース