47NEWS >  スポーツ >  高校野球 >  和歌山

和歌山
 和歌山県高校野球連盟は17日、来年に第100回を迎える全国高校野球選手権大会の記念事業として、12月に県代表チームが台湾の台北市で遠征試合をすると発表した。  遠征期間は12月23~29日。台北の高校生チームと計4試合を予定している。遠征に参加する選手は県高野連加盟校から1、2年生18人を選抜する。県新人戦や秋季近畿大会県予選での戦いを総合的に評価し、10月13日に決定する。  県代表チームの監督は米原寿秀さん(42)=和歌山東監督=、コーチは吉水智章さん(33)=紀央館監督=、半田真一さん(37)=市和歌山監督。この他、遠征には県高野連の花本明会長ら役員8人が参加する。  県高野連は「台湾遠征は県高野連独自の取り組みで、選手の強化が主な目的。台湾の野球はレベルが高く、相手は高校3年生が主体になるのでいい経験になる」と話している。 ...   [記事全文] 08/19 【紀伊民報】



共同通信の高校野球ニュース
  • 参加新聞社特集リンク
  • 高校野球ブログパーツ
  • 高校野球ブログパーツ

    最新の情報をすぐにお知らせ!!いち早い情報をあなたのブログから発信しよう!!

    詳細を見る
    高校野球2011夏 万代コラム