47NEWS >  スポーツ >  高校野球 >  富山

富山
富山商頂点狙う 全国高校軟式野球24日開幕、大井監督に勇退の花道を 
 第62回全国高校軟式野球選手権(24日から6日間・兵庫県)に富山商が北信越地区代表として出場する。今夏で退任する大井則男監督(73)の花道を飾るため、部員16人は一丸となって1993年以来2度目の全国制覇を目指す。  富山商は9年ぶり28度目の出場。決勝のみの県大会で富山第一に1-0、北信越地区大会では準決勝の啓新(福井)に9-2、決勝の岡谷工(長野)に3-0で勝利した。  バッテリーを中心とした守りの野球が特長。エース右腕の池田(3年)は力のある直球を武器とした攻めのピッチングが持ち味で、予選の3試合は全て1人で投げ切った。走り込みによって足腰が安定し、コーナーへの制球力も付いた。捕手の梶(2年)はチーム随一の強肩を誇る。  二塁手の中村、遊撃手の土田、中堅手の吉田(いずれも3年)を中心に堅守も光り、予選の失策は0。攻撃ではエンドランやスクイズなどを絡めて好機を確実に生かす。打線...   [記事全文] 08/23 【北日本新聞】



共同通信の高校野球ニュース
  • 参加新聞社特集リンク
  • 高校野球ブログパーツ
  • 高校野球ブログパーツ

    最新の情報をすぐにお知らせ!!いち早い情報をあなたのブログから発信しよう!!

    詳細を見る
    高校野球2011夏 万代コラム