47NEWS >  スポーツ >  高校野球 >  長野

長野
 県高野連は18日、第136回春季北信越高校野球県大会地区予選の組み合わせ抽選会を4地区で行い、別表の通りに決まった。北信は28日に、残りの3地区は29日に開幕する。  各地区の上位4チームが県大会(5月13、14、16、17日・しんきん諏訪湖、綿半飯田、伊那スタジアム)に出場する。順調に日程が進めば、5月4日に各地区の代表校が出そろう。 【東信】部員不足の軽井沢を除く16校が出場。昨秋の県大会で優勝した上田西は地球環境と当たる。昨夏の甲子園に出場し、秋季県大会8強の佐久長聖は小海とぶつかる。昨秋の北信越大会8強の小諸商は野沢南と、昨秋東信4位の岩村田は蓼科と、それぞれ初戦。 【北信】全て単独チームで22校が出場。昨秋の県大会で準優勝し、北信越大会では8強入りした長野商は、長野西―更級農の勝者と対戦。昨秋の北信越大会出場の飯山は、長野日大―須坂の勝者と初戦を行う。北部は4季ぶり...   [記事全文] 04/19 【信濃毎日新聞】



共同通信の高校野球ニュース
  • 参加新聞社特集リンク
  • 高校野球ブログパーツ
  • 高校野球ブログパーツ

    最新の情報をすぐにお知らせ!!いち早い情報をあなたのブログから発信しよう!!

    詳細を見る
    高校野球2011夏 万代コラム