47NEWS >  スポーツ >  高校野球 >  三重

三重
春季東海地区三重県大会 決勝は津田学園と近大高専
 第64回春季東海地区高校野球県大会(県高野連主催、伊勢新聞社後援)第4日は23日、四日市球場で準決勝2試合があり、近大高専と津田学園が勝ち上がった。近大高専は5年ぶり2回目、津田学園は21年ぶり2度目の春の王座を懸けて、29日の決勝で対戦する。  昨年秋の県大会4位の近大高専は、鮮やかな先制攻撃で昨秋の県2位校の菰野を9―5で退けた。一回に一挙8点を先制し試合の主導権を握ると、中西元亜、田中淳士のバッテリーを中心に粘り強い守備で菰野の追撃をかわした。  津田学園は、準優勝した昨年夏の県大会に続く準決勝で、3―2で津商に競り勝った。三回に主戦水谷翼の中越え二塁打を皮切りに1点を先制。1―1の同点で迎えた五回には、水谷の右中間に抜ける二塁打や敵失などで勝ち越すなど逆転を許さなかった。  決勝は29日、四日市球場で行われ、試合開始予定時刻は午後0時半。同日午前10時からは3位決定戦があり...   [記事全文] 04/24 【伊勢新聞】



共同通信の高校野球ニュース
  • 参加新聞社特集リンク
  • 高校野球ブログパーツ
  • 高校野球ブログパーツ

    最新の情報をすぐにお知らせ!!いち早い情報をあなたのブログから発信しよう!!

    詳細を見る
    高校野球2011夏 万代コラム