47NEWS >  スポーツ >  高校野球 >  茨城

茨城
松商学園 17年ぶり白星
◆松商学園12-3土浦日大  第九十九回全国高校野球選手権大会に出場した松商学園は、九日の第二試合で土浦日大(茨城)に12-3で勝ち、十七年ぶりに初戦を突破した。一回、藤井大地主将(三年)の左前打で先制。その後は今大会初の毎回安打で、小刻みに得点を重ね、21安打を放ち土浦日大を圧倒した。先発のエース青柳真珠(ましゅう)投手(同)は、強力な相手打線を11奪三振、3失点に抑え、二〇一一年に就任した足立修監督に、夏の甲子園初勝利をプレゼントした。二回戦は大会八日目の十五日、第一試合で盛岡大付(岩手)と対戦する。 ◆カメラ席ダイブ気迫の飛球好捕 藤井主将  先制適時打をはじめ3打点と活躍した藤井大地主将(三年)は、守備でも身をていしたプレーで、相手の反撃ムードを封じた。  八回、1死二、三塁のピンチ。守備の乱れで進塁を許し、流れが変わりそうな雰囲気の中、一塁フェンス際に飛球が上がった。 ...   [記事全文] 08/10 【中日新聞】



共同通信の高校野球ニュース
  • 参加新聞社特集リンク
  • 高校野球ブログパーツ
  • 高校野球ブログパーツ

    最新の情報をすぐにお知らせ!!いち早い情報をあなたのブログから発信しよう!!

    詳細を見る
    高校野球2011夏 万代コラム