47NEWS >  スポーツ >  高校野球 >  岐阜

岐阜
大垣日大、東邦に打ち勝ち決勝へ 春季東海地区大会
 春季東海地区高校野球大会(中日新聞社後援)は二十八日、三重県の四日市市営霞ケ浦球場で準決勝二試合があった。大垣日大(岐阜県1位)は、東邦(愛知県2位)に8-5で打ち勝ち、決勝進出を決めた。  大垣日大の決勝進出は二〇一一年以来六年ぶり。初優勝を目指し、至学館(愛知県1位)と二十九日午前十時から同球場で対戦する。 ◆打線つながる  大垣日大は先制を許したが、要所で打線がつながり逆転勝利した。  一回、先発の石川がいきなり3点を失った。代わった修行が後続を打ち取り、その後も八回まで相手に得点を許さず、打線に流れを呼び込んだ。  同点の五回には石川が1死一、三塁の好機に適時二塁打で勝ち越し。その後も順調に点を積み重ねた。 ◆テンポ良い投球、逆転呼ぶ 修行投手  先発した投手が三点を失い、阪口慶三監督も「一回で捕まってしまってびっくり」と驚く試合展開。1死一塁で急きょマウンドに上が...   [記事全文] 05/29 【中日新聞】



共同通信の高校野球ニュース
  • 参加新聞社特集リンク
  • 高校野球ブログパーツ
  • 高校野球ブログパーツ

    最新の情報をすぐにお知らせ!!いち早い情報をあなたのブログから発信しよう!!

    詳細を見る
    高校野球2011夏 万代コラム