47NEWS >  スポーツ >  高校野球 >  千葉

千葉
滋賀学園 ファウルで球数、好投手攻略 初戦突破
 二十二日の選抜高校野球大会で、東海大市原望洋(千葉)に競り勝った滋賀学園。延長十四回を制した勝因の一つに、大会屈指の相手右腕に218球も投げさせたことがある。滋賀ナインは初球から果敢に振ったのに、なぜ球数を稼げたのか。  先発した望洋の金久保優斗投手(三年)は「冬に一番成長したのは制球力」と自信を見せていが、試合では9個も四死球を与えた。192球を投げた滋賀の棚原孝太投手(三年)より5個も多い。球数の多さからか、特に十四回、制球を乱し、無死から2連続四球。滋賀の勝ち越しの4得点につながった。  滋賀打線は初めから四球を狙っていたわけではない。むしろ果敢にバットを振り、初球のストライクを見逃した回数はゼロ。「選手それぞれが甘い球を狙って振った」とチームトップの3安打を放った真藤司選手(三年)は胸を張る。  初球から振るのになぜ球数を稼げたのか。理由は狙い球を外されてもファウルにする技...   [記事全文] 03/24 【中日新聞】



共同通信の高校野球ニュース
  • 参加新聞社特集リンク
  • 高校野球ブログパーツ
  • 高校野球ブログパーツ

    最新の情報をすぐにお知らせ!!いち早い情報をあなたのブログから発信しよう!!

    詳細を見る
    高校野球2011夏 万代コラム