47NEWS >  スポーツ >  高校野球 >  秋季四国大会 高知県勢総評 守りの重要性再認識

  記事詳細
秋季四国大会 高知県勢総評 守りの重要性再認識

 来春のセンバツ甲子園出場に向けた重要な参考資料となる第70回秋季四国地区高校野球大会は、明徳義塾(高知県1位)の2年連続優勝で幕を閉じ、明徳は3年連続18度目のセンバツ出場を確実にした。県勢3校の戦いぶりを振り返る。 明徳  一球へ高い意識
高知  苦しんだ投手陣
追手前 勝ち切る強さを  連年の四国王者となった、明徳の最大の勝因は、やはり投手を中心にした守りだろう。
 エース市川は、決勝までの3試合23回を一人で投げ抜き、自責点2の防御率0・78。140キロを超える直球と切れのいいスライダーを武器に、相手を寄せ付けなかった。先制されながらも追加点を許さず、味方の反撃を待って逆転勝利を呼び込んだ決勝の力投は、「さすが、エース」と言える内容だった。…    [記事全文]

2017/11/07 11:02  【高知新聞】 


共同通信の高校野球ニュース
  • 参加新聞社特集リンク
  • 高校野球ブログパーツ
  • 高校野球ブログパーツ

    最新の情報をすぐにお知らせ!!いち早い情報をあなたのブログから発信しよう!!

    詳細を見る
    高校野球2011夏 万代コラム