47NEWS >  スポーツ >  高校野球 >  創成館、来春の甲子園確実

  記事詳細
創成館、来春の甲子園確実

 第141回九州地区高校野球大会(秋季大会)第4日は27日、宮崎市のKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で準決勝が行われ、長崎県代表の創成館が延岡学園(宮崎)を2-0で破り、2014年の春季大会以来、7季ぶり2度目の決勝進出を果たした。これで創成館の来春の選抜大会出場(九州4枠)は確実となった。富島(宮崎)は東筑(福岡)に6-5で競り勝った。  創成館は二回、先頭打者の深見の右越えソロで先制。七回には1死一、三塁から藤のスクイズで三走平松が生還した。投げては先発川原が相手打線を3安打に抑え、11三振を奪って完封した。  最終日28日の決勝は台風の影響で29日に延期され、同会場で12時から創成館-富島の決勝を実施。両校とも勝てば初優勝となる。…    [記事全文]

2017/10/28 11:55  【長崎新聞】 


共同通信の高校野球ニュース
  • 参加新聞社特集リンク
  • 高校野球ブログパーツ
  • 高校野球ブログパーツ

    最新の情報をすぐにお知らせ!!いち早い情報をあなたのブログから発信しよう!!

    詳細を見る
    高校野球2011夏 万代コラム