47NEWS >  スポーツ >  高校野球 >  秋の高校野球・島根県大会 激闘12回 開星栄冠

  記事詳細
秋の高校野球・島根県大会 激闘12回 開星栄冠

 来春の選抜大会につながる第129回秋季中国地区大会の予選を兼ねた、島根県高校秋季野球大会最終日は1日、松江市営野球場で行われ、決勝で開星が延長十二回の末に石見智翠館を6-5で破り、8年ぶり6度目の優勝を果たした。3位決定戦は益田東が6-0で大田を下し、2年連続5度目の中国地区大会出場を決めた。  5県の代表16校が出場する中国地区大会は、27~29日と11月4、5の両日、広島県尾道市のしまなみ球場などで行われる。 無心の一振りで決着 才木
 【評】互いに譲らぬシーソーゲームは、開星が延長十二回、才木の本塁打で制した。
 三回に先制しながらも逆転を許し、1-4で迎えた八回、死球と2連打で無死満塁とし、松本の右前適時打や敵失などで逆転。九回に1点を失い5-5で迎えた延長十二回1死から、才木が左越え本塁打を放って勝ち越した。
 石見智翠館は七回に3点差を…    [記事全文]

2017/10/02 13:41  【山陰中央新報】 


共同通信の高校野球ニュース
  • 参加新聞社特集リンク
  • 高校野球ブログパーツ
  • 高校野球ブログパーツ

    最新の情報をすぐにお知らせ!!いち早い情報をあなたのブログから発信しよう!!

    詳細を見る
    高校野球2011夏 万代コラム