47NEWS >  スポーツ >  高校野球 >  秋季東海地区三重県大会 三重、4年ぶり優勝 19度目

  記事詳細

 来年春の選抜大会につながる、第70回秋季東海地区高校野球県大会最終日は30日、四日市市営霞ケ浦球場で決勝があり、三重が延長11回、8―7でいなべ総合を退け、4年ぶり19回目の優勝を決めた。  3位決定戦もあり、松阪商が4―3で四日市工を下した。決勝進出の三重、いなべ総合と、3位決定戦に勝った松阪商が、来春のセンバツ出場校の選考材料になる秋季東海地区高校野球大会に進出する。  三重は延長11回裏に決勝点を挙げいなべ総合とのシーソーゲームを制した。先発の定本拓真をはじめ4投手の継投で粘るいなべ総合を振り切った。  東海大会は10月21日から岡崎市民球場などで開催。組み合わせ抽選会は10月10日、愛知県青年会館で行われる。来春のセンバツは90回の記念大会で、東海地区の出場枠は例年より1チーム多い3チームとなっている。…    [記事全文]

2017/10/01 11:05  【伊勢新聞】 


共同通信の高校野球ニュース
  • 参加新聞社特集リンク
  • 高校野球ブログパーツ
  • 高校野球ブログパーツ

    最新の情報をすぐにお知らせ!!いち早い情報をあなたのブログから発信しよう!!

    詳細を見る
    高校野球2011夏 万代コラム