47NEWS >  スポーツ >  高校野球

参加新聞社の記事
聖光学院、初戦は東海大相模 斎藤監督「腹を据えてやる」
 第97回全国高校野球選手権大会(6日から15日間・甲子園)の組み合わせ抽選会は3日、大阪市のフェスティバルホールで開かれた。  9年連続12度目の出場となる本県代表の聖光学院は、第7日の12日に行われる2回戦第1試合(午前8時開始予定)で、2年連続10度目の出場の東海大相模(神奈川県)と対戦する。  聖光学院が夏に神奈川県代表と対戦するのは、2008(平成20)年の第90回記念大会準々決勝で横浜と対戦して以来3度目。聖光学院は横浜に1―15で敗れている。県勢と神奈川県勢との対戦は6度目(5敗)となり、春を含めると7度目(6敗)。    腹を据えてやる  聖光学院・斎藤智也監督 好投手2人を擁し、打線も隙がなく、実力は出場校で間違いなく群を抜いている。相手投手に食い下がり得点を重ねていきたい。腹を据えてやるしかない。    全てを出し切る  聖光学院・三浦陸主将 投打がそろった激戦区の神奈...   [記事全文] 08/04 【福島民友新聞】

共同通信の高校野球ニュース

  • 参加新聞社特集リンク


  • 高校野球ブログパーツ
  • 高校野球ブログパーツ

    最新の情報をすぐにお知らせ!!いち早い情報をあなたのブログから発信しよう!!

    詳細を見る
    高校野球2011夏 万代コラム