47NEWS >  スポーツ >  高校野球

参加新聞社の記事
 第96回全国高校野球選手権千葉大会第12日は25日、QVCマリンフィールドで準決勝2試合を行い、東海大望洋と専大松戸が26日の決勝に進んだ。両校とも勝てば初優勝となる。  第1試合は望洋と浦安の東海大付属校対決。四回に4点、五回に6点と立て続けにビッグイニングを作った望洋が、12-2でAシード東海大浦安に五回コールド勝ちした。  第2試合は専大松戸が二回までに5得点。柏日体は三回裏、快投を続けるエース白銀滉大をマウンドに送りその後追加点を許さず。柏日体打線は終盤追い上げたが、専大松戸の背番号10・金子直登を攻略しきれなかった。結局、白銀は今大会無失点のまま高校最後の夏を終えた。 <第1試合> 望洋 020 46=12  H13  E2 浦安 002 00=2   H3   E2 <第2試合> 柏日体 000 000 011=2  H5  E0 専大松 320 000 00X=5 ...   [記事全文] 07/25 【千葉日報】

共同通信の高校野球ニュース

  • 参加新聞社特集リンク


  • 高校野球ブログパーツ
  • 高校野球ブログパーツ

    最新の情報をすぐにお知らせ!!いち早い情報をあなたのブログから発信しよう!!

    詳細を見る
    高校野球2011夏 万代コラム