47NEWS >  47スポーツ > ALBAゴルフニュース >  新ドライバー投入の青木瀬令奈 4打差23位タイからの逆転Vを狙う!

新ドライバー投入の青木瀬令奈 4打差23位タイからの逆転Vを狙う!

大雨でのプレーにも笑顔を見せる青木瀬令奈(撮影:佐々木啓) 大雨でのプレーにも笑顔を見せる青木瀬令奈(撮影:佐々木啓)
<スタンレーレディスゴルフトーナメント 初日◇6日◇東名カントリークラブ(6,589ヤード・パー72)>

国内女子ツアー「スタンレーレディス」の初日。今年6月の「ヨネックスレディス」でツアー初優勝を飾っている青木瀬令奈は、4バーディ・4ボギーのイーブンパー、23位タイでこの日のラウンドを終えた。

【関連動画】青木瀬令奈はピアノも一流!ここでしか見られない瀬令奈の調べ
ラウンドの終盤、雨が急に激しく振り出した時には15番ホールをプレーしていたという青木。不測の事態に多くの選手がスコアを崩す中、残りの4ホールを1バーディ・1ボギーにまとめてホールアウトした。

昨日のプロ・アマ戦終了後には、「まだ迷っている」と言っていた新ドライバー「ゼクシオテン」もこの日から投入。「前半はスイングとのタイミングが取れないところもあったけど、後半はフェアウエーもキープできて流れが作れた。思い切って投入して良かった」と、手ごたえを掴んだ様子。「もうちょっと調整して、さらにいい武器にしたい」と笑顔を見せた。

常々、「早く2勝目を挙げたい」と話している青木。初日を終えて23位タイでのスタートとはいえ、首位まではわずか4打差。しかも思い出してほしい。青木が初優勝した今年のヨネックスレディスは、初日が雨で中止になり36ホールに短縮。第1ラウンドの4打差・13位タイから“66”の猛チャージでの逆転Vだった。ちなみにこの大会は、東名カントリークラブで開催されるようになった2003年から昨年までの14回のうち、雨や濃霧、台風などの影響で5回も短縮競技となっている大会なのだ。

そのことを知ってか知らずか、「明日も雨なので、自分がいいスコアを出せばチャンスはある。ラフに入ると大変なので、フェアウエーキープが大事」と分析した24歳にとって、明日以降も“新ドライバー”がスコアメークの鍵になりそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

2017/10/07 08:06【ALBAゴルフニュース】