羊羹にフランス高級酒 熱海の老舗、レミーマルタン初公認

新商品 東海・北陸 2017/10/24 12:53【静岡新聞】
 熱海市の常盤木羊羹(ようかん)店総本店が、世界で初めてフランスの高級コニャック「レミーマルタン」の公認を受けたようかんを開発した。海外展開を視野に、26日からシンガポールで開催される展示・商談会「羊羹コレクション」へ出展する。  ようかんは、レミーマルタンVSOPと同XOを使用した2種類で、同社の代表的商品「鶴吉羊羹」の名を冠した。同社の前沢龍也専務が5月からレミーマルタン側と交渉を始め、31パターンの試作を重ねて商品化にこぎ着けたという。  展示・商談会は4日間で、全国から老舗の15社が参加… 
新商品
東海・北陸