麦焼酎「夢鹿」発売へ 大麦トヨノホシ100%使用

新商品 2017/07/01 10:38【大分合同新聞】
 九重町右田の八鹿酒造(麻生益直社長)は7日、県オリジナル大麦品種「トヨノホシ」を100%使用した麦焼酎「夢鹿(むじか)」を発売する。「麦本来の香りなどを引き出し、スッキリとした味わいが特徴。初心者も飲みやすく、夏にぴったりの商品だと思う。ぜひロックで飲んでほしい」と同社。  トヨノホシは2005年から県農林水産研究指導センターと県酒造協同組合が共同で研究開発をしてきた。焼酎醸造適性や耐病性を指標に選抜し、14年12月に農林水産省へ品種登録を申請した。  「夢鹿」の名は、大分の偉人・大友宗麟が俗… 
新商品