竹パウダーいかが 自作竹粉砕機販売/鹿児島県加治木

新技術 2009/06/03 11:17【南日本新聞】
 鹿児島県加治木町小山田で管工業を営む上村和巳さん(58)が、竹粉砕機を自作し竹パウダーの製造販売を始めた。「竹パウダーはさまざまな効用がある。認知度を上げ、販路を拡大したい。機械も改良して安価で市販できれば」と話している。  上村さんによると、竹パウダーは、生ごみの分解処理や農作物用の肥料、家畜飼料などへの効用が評価され、最近注目を集めている。しかし、竹を粉砕する市販の機械は数百万円と高価。農業専門誌で手作り機の記事を見て自作を決意、見よう見まねで1カ月弱で完成させた。  上村さんは本業の傍ら… 
新技術