洞口依子・のら猫万華鏡

映画『ハクソー・リッジ』の舞台前田高地を訪ねて~後編~

 桜咲く2月下旬の沖縄。  わたしを乗せた車は、旧軍道5号線(現在の国道330号線)を、那覇の新都心から北上し、嘉数(かかず)を目指していた。  そして嘉数展望台公園に辿り着いたわたしは、そこで多くの戦跡を巡ることができた。  最初に目にしたのは、民家の塀に残された生々しい銃…[続きを読む]

過去記事

一覧へ

映画『ハクソー・リッジ』の舞台前田高地を訪ねて~前編~

映画『ハクソー・リッジ』の舞台前田高地を訪ねて~前編~

07月07日

 映画『ハクソー・リッジ』(メル・ギブソン監督)がやっと日本で公開された。  ア…[続きを読む]

イスラミックの世界を覗いてみたら

イスラミックの世界を覗いてみたら

06月20日

 子どもの頃から世界中を旅することに憧れを抱いてきた。  いや、旅というよりも、…[続きを読む]

ラブドールの世界

ラブドールの世界

06月09日

 先日『今と昔の愛人形』オリエント工業40周年記念展(アツコバルー・東京渋谷にて…[続きを読む]

洞口依子

洞口依子(どうぐちよりこ)

女優。1980年、「週刊朝日」11月7日号の表紙を飾り、雑誌「GORO」で篠山紀信の「激写モデル」として芸能界デビュー。85年、映画「ドレミファ娘の血は騒ぐ」(黒沢清監督)の主役に抜擢された。この時共演した伊丹十三監督の「タンポポ」「マルサの女2」に出演。テレビドラマでは92年の「愛という名のもとに」(フジテレビ)、97年の「ふぞろいの林檎たち」(TBS)などで個性的な演技を披露し、女優としての地位を確立した。2004年に子宮頸がんを発病したが克服し、06年に復帰。07年には闘病生活を綴った「子宮会議」を発刊。女優業の傍ら、ウクレレバンド「パイティティ」でライブ活動もしている。週刊文春「シネマチャート」連載中。