47NEWS >  共同ニュース >  写真ニュース >  熊本城復元「待った」 文化庁が改善指導文書 

写真ニュース Photo Library For 47NEWS



熊本城復元「待った」 文化庁が改善指導文書 

熊本城復元「待った」 文化庁が改善指導文書 

 熊本市が進める国特別史跡・熊本城の復元整備に対し、史跡の調査研究体制が不十分で、史跡保護の観点に欠けた活用があるとして、文化庁が5項目の改善策を求める内部文書を市に出していたことが、29日分かった。 改善をしなければ、今後の復元整備計画を審議しないことも示唆しており、市は復元や活用について見直しを迫られている。 文書は、整備中の平左衛門丸塀に関する同庁復元検討委員会の審議結果で、2月に届いた。熊本市に対し、(1)文化財保護の専門知識を持った専従組織を設けて調査研究を充実させる(2)遺構破壊を伴う石垣の解体修理は最小限にとどめる(3)史跡の理解や保護に負の影響を与えかねない活用を改める−などを…[記事全文]

2013/3/30 06:40


注目コンテンツ