47NEWS >  共同ニュース >  写真ニュース >  倒壊した桜の名木も 松前

写真ニュース Photo Library For 47NEWS



倒壊した桜の名木も 松前

倒壊した桜の名木も 松前

 【松前】桜の名所の松前公園でかつて「三大名木」と呼ばれながら、5年前に強風で倒壊した「雨宿(あまやどり)」が町職員らの手入れによって今年も満開の花を咲かせた。近くの土に埋めた倒木の一部からも花が咲き、桜の生命力を伝える「親子桜」として注目を集めている。  雨宿はソメイヨシノが散った後に咲く中咲き品種。園内に約70本あり、特に松前城北東の石垣の上に立つ雨宿は、巨大な傘のような枝ぶりが特徴の国内最大級の名木として知られていた。  しかし2006年7月の強風で、最も太い2本の幹のうち1本が倒壊。当時、町の観光担当職員だった畑山穂(みのる)さん(62)は倒れた幹を見て「松前の宝が失われた」と、がくぜ…[記事全文]

2011/5/16 13:59


注目コンテンツ