47NEWS >  共同ニュース >  写真ニュース >  弘前さくらまつり 被災者招待 

写真ニュース Photo Library For 47NEWS



弘前さくらまつり 被災者招待 

弘前さくらまつり 被災者招待 

 弘前公園で8日まで開かれた「弘前さくらまつり」に、東日本大震災の県外被災者が約250人招待された。弘前市が「笑顔プロジェクト」と銘打った企画に、市民有志や各団体が協力し、被災地での参加呼び掛けやガイドなどの役割を分担した。大手旅行会社の専門家は「観光イベントへの被災者招待は全国でも先駆的な取り組み」と評価し、市民レベルの盛り上がりが、実現の大きなポイントだったと指摘する。  今年のさくらまつりは「復興支援」を柱に据えた。その一環として、岩手・宮城両県の4市町村から、計6回にわたって被災者を招いた。市は送迎用バスを用意したほか、旅費や宿泊費のほとんどを負担した。  「心のケアなど被災者へのさま…[記事全文]

2011/5/09 21:26


注目コンテンツ