47NEWS >  共同ニュース >  写真ニュース >  震災後一番の活気 北上市の展勝地

写真ニュース Photo Library For 47NEWS



震災後一番の活気 北上市の展勝地

震災後一番の活気 北上市の展勝地

 県内内陸部の行楽地はまずまずの天候に恵まれ、震災発生後で一番のにぎわいとなった。それでも例年並みまでの回復とはいかず、連休中の観光客の動向に気をもむことになりそうだ。  6月の世界遺産登録が期待される平泉町の中尊寺や毛越寺。埼玉県から訪れた親類を案内した一関市台町の岩井泰五郎さん(80)は「金色堂で震災の犠牲者の冥福を祈った。ぜひ登録され希望の光になってほしい」と願った。  「春の藤原まつり」の中心行事である源義経公東下り行列が中止となったのは痛手だが、29日は県外ナンバーの車も目立った。  雫石町の小岩井農場まきば園の八重樫隆史支配人は「初日の出足は普段の土日並み」との評価。盛岡市の盛岡手…[記事全文]

2011/4/30 17:15


注目コンテンツ