47NEWS >  共同ニュース >  写真ニュース >  モクズガニ漁がスタート 河津、水量少なく遡上活発

写真ニュース Photo Library For 47NEWS



モクズガニ漁がスタート 河津、水量少なく遡上活発

モクズガニ漁がスタート 河津、水量少なく遡上活発

 河津町の河津川で10月から、特産のモクズガニ漁が始まった。水量の少ない今年は海からの遡上(そじょう)が活発だったとみられ、河津川漁業協同組合の島崎光夫組合長(67)は「解禁直後から大型が数多く捕れ、豊漁が期待できる」と予測している。 夜行性のため、餌となる魚の切り身を「モジリ」と呼ばれる漁具のかごに入れ、夕方、川底に仕掛ける。引き上げるのは早朝。6日も中流域では甲羅の大きさが10センチ前後の大型が次々とかごの中から見つかり、漁業者の組合員が慣れた手つきで水揚げした。 産卵期を迎えた秋に、川を下って海に向かうカニは脂が乗り、特に人気が高い。漁は11月にかけて最盛期を迎え、2018年2月末まで続…[記事全文]

2017/10/07 08:46


注目コンテンツ