47NEWS >  共同ニュース >  写真ニュース >  福島の抱える課題は「語りにくさ」 未来学入門、開沼氏が解説

写真ニュース Photo Library For 47NEWS



福島の抱える課題は「語りにくさ」 未来学入門、開沼氏が解説

福島の抱える課題は「語りにくさ」 未来学入門、開沼氏が解説

 地域課題の解決を目指す研究者や医師ら幅広い人物を講師に迎え、復興の取り組みなどを学ぶ福島大の公開授業「ふくしま未来学入門」が6日、同大で始まった。初回は開沼博立命館大准教授(いわき市出身)が「3・11後の福島を学問にする」と題し、福島の抱える課題について説明した。 学生約250人と市民ら約30人が受講した。開沼氏は、福島の抱える一番大きな問題が政治的、科学的要因などによる「語りにくさにある」と指摘。原発事故など高い専門性が求められるため、外部の人が安易に福島について話すことができない「一見さんお断り」の状態にあるとし、「誰でも語れるように変えていく必要がある」と述べた。 また、人口減少などに…[記事全文]

2017/10/07 08:50


注目コンテンツ