47NEWS >  共同ニュース >  写真ニュース >  <富谷市・市制移行1年>住民期待も財政限界 少子高齢化対策急務

写真ニュース Photo Library For 47NEWS



<富谷市・市制移行1年>住民期待も財政限界 少子高齢化対策急務

<富谷市・市制移行1年>住民期待も財政限界 少子高齢化対策急務

 宮城県富谷市は10日、県内で45年ぶりの単独市制移行から1年を迎える。新市は市民生活に自然に溶け込むが、まちづくりの正念場はこれからだ。若生裕俊市長は「持続可能な市の将来像を示したい」と先を見据える。<「生活変わらず」> 「富谷市という響きはいい。でも実生活は1年前の町のころと変わらない」。そう話す市内の50代会社員女性は「市になったら地下鉄が来たり、図書館ができたりするかと思ったけれど。そう簡単ではないのでしょうね」と苦笑いした。 …[記事全文]

2017/10/07 08:44


注目コンテンツ