47NEWS >  共同ニュース >  写真ニュース >  『なくなりそうな世界のことば』吉岡乾著 トナカイが角を磨くことをコリャーク語ではなんと言うか

写真ニュース Photo Library For 47NEWS



  • 全カテゴリ
  • エンタメ
    新刊レビュー
  • 『なくなりそうな世界のことば』吉岡乾著 トナカイが角を磨くことをコリャーク語ではなんと言うか
『なくなりそうな世界のことば』吉岡乾著 トナカイが角を磨くことをコリャーク語ではなんと言うか

『なくなりそうな世界のことば』吉岡乾著 トナカイが角を磨くことをコリャーク語ではなんと言うか

<デゥバッ>とはインドネシアのフローレス島などで話されているラマホロット語の言葉で、<手で触ってみるなど触覚を利用して何かを探す>という意味。島では未だ電気が通ってないところが多く、夜になってから物を…[記事全文]

2017/9/22 11:10


注目コンテンツ