47NEWS >  共同ニュース >  がん疑い患者放置死 電子処理の盲点「重大な病変、直接連絡を」
 ヘッドライン
記者会見で陳謝する後藤隆久院長(左)ら=市役所で
記者会見で陳謝する後藤隆久院長(左)ら=市役所で
2017/11/14 12:55   【東京新聞】  
 横浜市南区の市立大付属市民総合医療センターで、がんの疑いを示す情報が五カ月間放置され患者が死亡した問題は、電子処理システムに潜む盲点を浮き彫りにした。専門家は「重大な病変を見つけたら、電話で直接連絡 … [記事全文]  

同じカテゴリのニュース