47NEWS >  共同ニュース >  火口を覆う高温の熱風発生 防災科研が新燃岳を現地調査
 ヘッドライン

 噴煙を上げる霧島連山・新燃岳=11日(防災科学技術研究所提供)
 噴煙を上げる霧島連山・新燃岳=11日(防災科学技術研究所提供)
2017/10/12 19:11   【共同通信】  
 防災科学技術研究所は12日、宮崎、鹿児島県境の霧島連山・新燃岳を現地調査した結果、火山灰や火山ガスがまじった高温の熱風「火砕サージ」が、火口全体を覆うような規模で発生し、火山灰を降り積もらせたとの見 … [記事全文]    

同じカテゴリのニュース