47NEWS >  共同ニュース >  パーキンソン病の進行抑制化合物 京大教授ら開発
 ヘッドライン
2017/09/12 17:00   【京都新聞】  
 細胞のエネルギーの基となるATP(アデノシン三リン酸)の量を調整することでパーキンソン病の進行を抑える化合物を、京都大生命科学研究科の垣塚彰教授らがマウスの実験によって見つけた。ほかの神経の病気への … [記事全文]  

同じカテゴリのニュース