47NEWS >  共同ニュース >  <復興を生きる> 浪江の心象 色で表現
 ヘッドライン
「無念と怒り」(上)、「分断の線」(手前右)、「海よ」。避難後の思い入れが深い3作品と江川さん=8日、栃木県那須塩原市
「無念と怒り」(上)、「分断の線」(手前右)、「海よ」。避難後の思い入れが深い3作品と江川さん=8日、栃木県那須塩原市
2017/05/19 18:24   【河北新報】  
◎3・11大震災/帰らぬ古里 思い続け/草木染作家 江川アイさん(77)=栃木県那須塩原市  紫が滴るようにも、赤が湧き上がるようにも見える。二つの色が醸す緊張感。作品を「無念と怒り」と名付けた。 … [記事全文]  

同じカテゴリのニュース