47NEWS >  共同ニュース >  照明ちらつく「電圧フリッカ」 急激な太陽光発電の拡大で発生
 ヘッドライン
2017/04/21 20:30   【大分合同新聞】  
 照明が明るくなったり暗くなったりしてちらつく現象「電圧フリッカ」が、県北部など九州各地で発生している。九州電力大分支社によると、急激な太陽光発電の普及拡大が要因。感電や停電など安全面の心配はないが、 … [記事全文]  

同じカテゴリのニュース