47NEWS >  共同ニュース >  汚染廃棄物処理で市民と「対話」を 栗原市で意見割れる
 ヘッドライン
栗原市の農家の敷地内に保管された汚染牧草と、市が進めてきた堆肥化の実証実験施設、実験結果に関する住民説明会のコラージュ
栗原市の農家の敷地内に保管された汚染牧草と、市が進めてきた堆肥化の実証実験施設、実験結果に関する住民説明会のコラージュ
2017/03/20 18:00   【河北新報】  
 東京電力福島第1原発事故による放射性物質に汚染された国の基準(1キログラム当たり8000ベクレル)以下の廃棄物の処理方法を巡り、栗原市で意見が割れている。選択肢として堆肥化や焼却、すき込みなどがある … [記事全文]  

同じカテゴリのニュース