47NEWS >  共同ニュース >  宿泊客減った旅館 市に固定資産税の減額命じる 宇都宮地裁
 ヘッドライン
2017/01/11 22:00   【下野新聞】  
 那須塩原市塩原の温泉旅館が、観光客の減少などを理由に建物の固定資産税評価額の減額を求めた訴訟の判決が10日までに、宇都宮地裁であった。35%の減額を求めた原告に対し宇都宮地裁は一部を認め、市側に15 … [記事全文]  

同じカテゴリのニュース