47NEWS >  共同ニュース >  宇宙に1年滞在の飛行士帰還 米ロ、火星探査見据え
 ヘッドライン

                   2日、国際宇宙ステーションでの340日にわたる長期滞在を終え、カザフスタンに着陸したNASAのスコット・ケリー飛行士(NASA提供・共同)
 2日、国際宇宙ステーションでの340日にわたる長期滞在を終え、カザフスタンに着陸したNASAのスコット・ケリー飛行士(NASA提供・共同)
2016/03/02 15:13   【共同通信】  
 【ワシントン共同】将来の火星探査を見据え、国際宇宙ステーションに340日間、長期滞在した米航空宇宙局(NASA)のスコット・ケリー飛行士(52)とロシアのミハイル・コルニエンコ飛行士(55)らがソユ … [記事全文]    

同じカテゴリのニュース