47NEWS >  共同ニュース >  ノロウイルス測定システム実証へ 東北大
 ヘッドライン
「感染性胃腸炎の流行を防ぎ、地元の水産業、観光の底辺を支えたい」と強調する大村教授
「感染性胃腸炎の流行を防ぎ、地元の水産業、観光の底辺を支えたい」と強調する大村教授
2016/02/20 20:17   【河北新報】  
  東北大の大村達夫教授(環境水質工学)のグループは19日、下水に含まれるノロウイルスを測定して感染性胃腸炎流行の早期警報につなげるシステムに広く理解を得ようと、今年秋に実証試験を行う予定の松島町でシ … [記事全文]  

同じカテゴリのニュース