47NEWS >  共同ニュース >  慶応大、iPSで脊髄損傷治療 17年に申請
 ヘッドライン
2016/02/17 21:06   【共同通信】  
 慶応大の岡野栄之教授は17日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を脊髄損傷の治療に利用する臨床研究の実施を、2017年3月に学内の第三者委員会に申請する計画を明らかにした。18年中の実施を目指している。 … [記事全文]    

同じカテゴリのニュース