47NEWS >  共同ニュース >  応急心肺蘇生 生存率4倍に 岡山県14年調査、講習受講を
 ヘッドライン
人形を使って心臓マッサージの手法を学ぶ「普通救命講習I」の受講者=昨年12月、岡山市
人形を使って心臓マッサージの手法を学ぶ「普通救命講習I」の受講者=昨年12月、岡山市
2016/02/14 23:23   【山陽新聞】  
 救急隊員らを除く「一般市民」が心肺停止の傷病者を目撃し、蘇生処置など応急手当てを施すと、1カ月後の生存率は手当てをしなかった場合に比べ4倍に跳ね上がる―。岡山県内の救急救助の現況を基に、県がこんな調 … [記事全文]  

同じカテゴリのニュース