47NEWS >  共同ニュース >  【復興を問う】環境省でいいのか 用地交渉、ほぼ“未知の分野”
 ヘッドライン
環境省が入る東京・霞が関の合同庁舎。中間貯蔵施設の用地取得を急ぐが、成果はなかなか上がらない
環境省が入る東京・霞が関の合同庁舎。中間貯蔵施設の用地取得を急ぐが、成果はなかなか上がらない
2016/02/11 16:10   【福島民報】  
 自民党東日本大震災復興加速化本部長の額賀福志郎をはじめ閣僚経験者ら数人が1月上旬、国会内の一室に集まった。いら立ちをあらわにしていた。「中間貯蔵施設の用地取得に時間がかかりすぎている。政治主導で加速 … [記事全文]  

同じカテゴリのニュース