47NEWS >  共同ニュース >  原発事故指定廃棄物、保管継続へ 茨城県分、環境省容認
 ヘッドライン

                   茨城県内14市町の首長会議であいさつする井上信治環境副大臣。右は橋本昌知事=4日午後、水戸市
 茨城県内14市町の首長会議であいさつする井上信治環境副大臣。右は橋本昌知事=4日午後、水戸市
2016/02/04 13:53   【共同通信】  
 環境省は4日、東京電力福島第1原発事故で発生した茨城県の指定廃棄物に関し、県内市町のごみ処理場や下水処理施設での一時保管を継続することを容認する考えを示した。水戸市内で同日開いた茨城県内14市町の首 … [記事全文]    

同じカテゴリのニュース