47NEWS >  共同ニュース >  徘徊中事故訴訟で最高裁初判断へ 認知症、家族の監督責任争点
 ヘッドライン

                   認知症患者の事故をめぐる訴訟の上告審弁論が開かれた最高裁第3小法廷=2日午後
 認知症患者の事故をめぐる訴訟の上告審弁論が開かれた最高裁第3小法廷=2日午後
2016/02/02 15:38   【共同通信】  
 認知症の男性=当時(91)=が徘徊中に電車にはねられ死亡した事故をめぐり、運転停止に伴う損害を被った鉄道会社に対し、遺族が賠償責任を負うかどうかが争われた訴訟の上告審弁論が2日、最高裁第3小法廷(岡 … [記事全文]    

同じカテゴリのニュース