47NEWS >  共同ニュース >  輸血で慢性肝炎さらに3人 E型感染、20~30代患者 
 ヘッドライン

                   E型肝炎ウイルス(国立感染症研究所提供)
 E型肝炎ウイルス(国立感染症研究所提供)
2016/01/24 02:00   【共同通信】  
 輸血を受けた患者がE型肝炎ウイルスに感染し、新たに3人が肝硬変や肝がんにつながる恐れがある慢性肝炎になった疑いがあることが23日、関係者への取材で分かった。3人は20~30代の血液がん患者。昨年10 … [記事全文]    

同じカテゴリのニュース