47NEWS >  共同ニュース >  異常タンパク質分解に新経路 京大、アルツハイマー予防期待
 ヘッドライン
2016/01/13 19:55   【京都新聞】  
 構造が大きく崩れたタンパク質が細胞内で分解される新たな仕組みを、京都大理学研究科の森和俊教授と蜷川暁研究員らが発見した。アルツハイマー病など、異常タンパク質が蓄積する疾患の病態解明に期待できる。米科 … [記事全文]  

同じカテゴリのニュース