47NEWS >  共同ニュース >  ALS原因凝集物の分解タンパク質発見 治療法開発につながる
 ヘッドライン
2016/01/12 12:35   【京都新聞】  
 運動神経が変性して全身が動かなくなる難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)で見られる凝集物の分解に関わるタンパク質を、京都大医学研究科の漆谷真准教授と元大学院生の内田司さんらのグループが見つけた。ALS … [記事全文]  

同じカテゴリのニュース