47NEWS >  共同ニュース >  iPS使い白血病治療 京大が研究、今春から
 ヘッドライン
2016/01/11 19:01   【共同通信】  
 白血病患者の細胞から作製した人工多能性幹細胞(iPS細胞)を利用し、がんを攻撃する免疫細胞を大量に作って治療に役立てようとする研究を、京都大の河本宏教授(免疫学)らのチームが今春から始めることが11 … [記事全文]    

同じカテゴリのニュース