47NEWS >  共同ニュース >  国交相、漁船と衝突の巡視船視察 衝突は「強い衝撃と認識」
  •  ヘッドライン     

  •  海上保安庁の巡視船「みずき」を視察する前原国交相(中央)=16日午前、沖縄県・石垣港

     沖縄県・尖閣諸島周辺の日本領海内で海上保安庁の巡視船に中国漁船が衝突した事件で、前原誠司国土交通相は16日、捜査している石垣海上保安部(石垣市)で、巡視船艇の係留所を視察し、職員を激励した。  前原氏は漁船がぶつかった巡視船「よなくに」と「みずき」に乗船し、損傷部分を確認。「相手の漁船の塗料がはっきりこびり付いていた。相当強い衝撃があったのだとあらためて認識した」と述べた。  中国側からの抗議については「(尖閣諸島に)領土問題はない」と強調。逮捕した漁船の船長の…     [記事全文]    
    2010/09/16 13:17   【共同通信】  

    同じカテゴリのニュース